大型・中型バイク(二輪)免許合宿選びのポイント

大型・中型バイク合宿免許選びのポイント

「免許合宿なら料金が安くて早く卒業できるからいいよね」

そう思った人で「安い!ここしかない!」って申し込んだら

「相部屋で食事は自炊、宿泊地に門限あり、飲酒禁止、卒業検定に落ちたら追加料金が発生・・・」

「最悪だった・・・(泣)」

冗談だと思いますか?

合宿にもいろいろなコースがあって「早い・安い」だけで申し込むと、本当に上記のような条件になったりするんです。

もちろん、価格優先という人もいれば、旅行感覚で時間を掛けて勉強したいという人もいるでしょう。

そこでこの記事では

二輪免許合宿選びに大事なポイント4選

二輪免許合宿の料金が安くなる時期は?

を紹介しています。

ぜひ読んでくださいね。

二輪免許合宿選びの大事なポイント4選

まず、合宿の料金と所要日数は「取得済み免許の有無」と「中型・大型」で変わってきます。

料金は「10万~25万」程度で、日数は1週間~2週間程度と考えて下さい。

※学割もあります。

そして合宿に含まれる内容は

①教習費

②宿泊費

③食費

④交通費

大事なことは、上記4つの内容がどこまで含まれるかです。

一つずつ解説しましょう。

① 「教習費」の内容を確認しよう

「バイクの運転って初めてだから自信がない~」

と思っている人は多いと思います。

既定の時限や日数がオーバーしたら「追加費用」が必要かチェックしておきましょう。

おすすめは「卒業まで追加料金なし」です。

② 「宿泊費」の内容を確認しよう

宿泊には3つのパターンがあります。

・ホテル、旅館

・専用宿舎(寮)

・宿泊無し

※旅行気分で教習を受けられることも免許合宿の大きなメリットです。

宿泊場所の周辺にレジャー施設やコンビニなど、生活に便利な施設が無いか確認しておきましょう。

ホテル、旅館の場合

料金が高くなる代わりに、一人部屋、二人部屋などが選べます。

一人でプライベートを楽しむのも良いし、友達と行くのも良いですね。

料金は高めです。

専用宿舎の場合

教習場所の敷地内になることが多く、部屋は相部屋になる場合が多いです。

また、場所によっては門限があったり、飲酒禁止の場所もあるので必ずチェックしましょう。

料金はホテル、旅館よりも安くなります。

宿泊無しの場合

宿泊無しの「通い合宿」をしているところもあります。

料金は一番安いです。

③「食費」の内容を確認しよう

食事は3つのパターンがあります。

・1日3食

・昼のみ

・自炊

予算に合わせて選びましょう。

④「交通費」の内容を確認しよう

往復の交通費を含んでいる場合がほとんどです。

上限金額がないか必ずチェックしましょう。

二輪免許合宿の料金が安くなる時期は?

合宿料金は一年中おなじ料金ではありません。

特に「春休み」「夏休み」のように、まとまった休みの取れる時期は料金が高くなります。

最適な時期は

・4月の後半~7月前半

・10月~11月

です。

少しでも安くしたい!とお考えの方は、上記の「閑散期」がおすすめです。

今すぐ行動して最高のバイクライフを手に入れよう

ここまでの説明で、合宿にもいろいろなパターンがあることが分かったと思います。

この記事を参考に、あなたの予算や目的(スピード合格、観光も楽しみたい)に合わせて合宿先を選んでくださいね。

そして次にあなたがやるべきことは、合宿先の比較、検討と申し込みです。

1日でも早く最高のバイクライフが手に入りますように。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる